妊娠中は葉酸を摂取しよう|胎児を健康的に育てます

女性に人気のサプリ

錠剤

妊娠を希望する人はもちろん、普段の食事から葉酸を十分に摂取することが出来ないという人におすすめのサプリが、葉酸サプリです。様々なタイプがありますので、口コミなどを参考にしながら、希望に合うような製品を選ぶようにしましょう。

もっと知ろう

妊娠しやすい体作り

鍼灸

不妊治療の一環として鍼灸院での施術が注目を集めています。鍼灸院では東洋医学をもとに妊娠しやすい体を作ることとストレスを緩和することが目的であり、直接的な不妊治療はしなくても妊娠のために効果的です。不妊治療専門の鍼灸院も増加しつつあるでしょう。

もっと知ろう

胎児の先天性異常を防ぐ

ウーマン

葉酸はほうれん草から発見されたビタミンB群のひとつで、葉物野菜に多い栄養素です。この葉酸を妊婦が摂ると、胎児の先天的な異常を防ぐ効果があることがわかっています。特に摂取が推奨されているのは妊娠のごく初期の女性で、具体的には妊娠してから4週間までの間がもっとも葉酸の摂取を必要とする時期であるといわれています。しかし、4週目までというとまだ自分自身の妊娠に気づいていない女性がほとんどです。そのため、妊娠してから摂るというより妊娠を希望するときや妊娠する可能性が考えられるときに積極的に葉酸を摂取するのが望ましいとされています。一般の人が健康のために葉酸を摂る場合は0.24ミリグラムくらいでよいといわれていますが、妊婦および妊娠を希望する女性は0.4から0.44ミリグラムを摂る必要があります。

葉酸が胎児の先天的な異常を防ぐメカニズムは、DNAを合成するときに葉酸が必要不可欠な成分であるということに関係しています。そのため、葉酸が不足したままでいるとDNAの合成がスムーズに行かず、神経管閉鎖障害と呼ばれる先天性の異常の原因となるのです。さらに、神経管閉鎖障害になると水頭症を併発するリスクが高くなることも知られています。こうしたことから、胎児の健康を望む妊婦の間で葉酸のサプリメントが絶大な人気を呼んでいます。妊婦だけでなく妊活中の女性からも高い関心を集めています。緑黄色野菜を中心にバランスの取れた食生活を送っていれば葉酸も摂ることができますが、妊婦や妊娠を希望する女性には特に多めの量が必要なので、サプリメントなどを利用するのがよいでしょう。

関西の不妊クリニックとは

考える女の人

不妊治療が人気の理由は、妊娠できない原因を検査し、その結果に応じた治療を提案しているからです。大阪などの大都市には不妊クリニックは沢山あります。クリニック選びに悩んだら、口コミサイトなどで調べる工夫もしましょう。クリニックによって、治療方針が違うからです。

もっと知ろう